ランキングで見るマイカーローンのトップはネット銀行だった

ランキングで見るマイカーローンのトップはネット銀行だった

マイカーローンの人気ランキング

マイカーローンは多くありますが、人気や評判のランキングを見てみると、ネット銀行のマイカーローンが1位になっているのが分かります。

 

金利で見れば地方銀行や信用金庫など、条件付きですが様々な引き下げ項目を満たせば非常に低利で借りられるのですが、手続きの進め方や手軽さを含めて総合的に見ると、ネット銀行のマイカーローンが1位となっているのです。

 

地方銀行や信用金庫のマイカーローン金利は、引き下げが適用されないとあまり金利は低くなりません。引き下げのためには給与振り込みや公共料金の引き落としなどの様々な項目を満たす必要があるので、手軽さに欠けます。

 

 

その点、ランキング1位のネット銀行のマイカーローンなら、特に引き下げ項目を満たさずとも低金利となるため、低い金利ながらも面倒な手続きや取引が不要となる部分で支持を集めているのです。

 

金融機関のマイカーローンが優れる理由

自動車を購入するに当たっては、何しろ高い買い物ですから、右から左にポンと現金で支払うわけにはまいりません。どうしても、多くの一般の人は、マイカーローンのお世話にならなければ、車を手に入れることはできません。マイカーローンということになりますと、多くの人は、都市銀行や地方銀行、信用金庫やJA、労働金庫などの金融機関からの借り入れを考えられます。

 

そこで、金融機関からの借り入れによるメリットとデメリットについて簡単に見てみましょう。

 

まずメリットでは、何といっても金利の低さです。自動車販売店で利用する信販系オートローン、あるいはクレジット等と比べると、かなりの金利差があります。なお、会社に労働組合がある場合ですと、労働金庫の利用も魅力のようです。

 

また、車の所有権についてもメリットがあり、所有権の留保がないということは、ローンを利用しても車検証の所有権が自分の車両として登録が可能です。自分の所有権であれば、マイカーローンの途中でも自由に車の買い替えや買取り、廃車などを行うことができます。

 

次にデメリットとしては販売店のクレジット等と比べると、必要な書類を色々提出しなければいけませんし、来店が必要な金融機関の場合には審査段階で何度も店舗へ足を運ぶ必要があります。場合によっては、追加で提出書類が増えることもありますので、時間と手間がかかるのが面倒な人には、不向きとなります。

 

ただ、ネット銀行のマイカーローンでは申し込みも契約も来店不要で進められるようになっているので、多少の時間はかかりますが、手間はそこまでかけずにマイカーローンの利用が可能となります。やはりおすすめマイカーローンとされているだけあり、手続きの面でも抜かりは無いのです。

 

残価設定型のマイカーローンはお得

最近は残価設定型のマイカーローンというものが登場しています。これは、3年から5年ぐらいかけてマイカーローンを返済するのですが、返済が終わったら車を返却するというものです。お金を払ってるのに最終的に車が自分のものにならないなんて損じゃないかと思うかもしれません。しかし、車を返却することが前提であるために、通常の車購入型のマイカーローンよりもかなり返済額が少なくて済むのがメリットです。

 

残価設定型の場合はローンというよりはリースに近いのかもしれません。毎月お金を払うことで最新の車を自分専用に自由に使える権利を買っていると考えれば分かりやすいです。十年以上も同じ車に乗り続けたいと考える人には向きませんが、数年おきに新車に乗り換えたいという新しい物好きの人には向いています。

 

残価設定型のマイカーローンなら、いちいち、新車の購入費すべてを支払って、車を買取りに出す必要はありません。新車の購入費の一部を支払って、時間が来れば返却して終わりとシンプルで済みます。

 

もちろん、残価設定型の場合は返却しないといけないので、あまり車を乱暴に使ってはいけませんし、独自の改造をほどこしたりもしてはいけないなどデメリットはあります。しかし、車好きの人ならば通常のマイカーローンとあわせて検討する価値のあるものだと言えます。

 

借り方によって選ぶマイカーローン

マイカーローンにも様々な種類や借り方があるので、金利だけでなく多くの項目や要素で比較をして選ぶ必要があります。また、新車の購入なのか中古車なのかによっても変わってきますので、借りに中古車を買う場合には中古車マイカーローンの金利比較もしっかりと行っておく必要があります。

 

金融機関の人気のある、ランキング上位のマイカーローンなら安心して利用が出来るので、車の購入や関連する費用などで困った際には、相談をしてみると良いでしょう。